鮨と日本酒の相性の良さは
皆さんご存じの通り。
蒼の鮨では選びぬいた日本酒を
ご用意しております。

日本酒について

地域が異なれば日本酒の特性が異なり
味わいや相性の良い料理が変わります。
『辛口・甘口』や『濃い・淡麗』などには、地域性があります。

お鮨コースに相性が良い日本酒を選ぶことでより美味しくなります。
地元の日本酒と料理を合わせれば
相性がぴったり合う法則
その地域で取れる食材に合わせるために日本酒を。

静岡の鮨には静岡の日本酒を。
日本酒コーディネーター
富士の酒 軍事冴子
蒼の鮨コースを何度もご賞味いただき、相談しながら相性の良い日本酒を厳選して頂きました。美味しさを引き立たせてくれる最高のラインナップが揃いました。
錫の職人 志村泰利 作
蒼の鮨では日本酒を注文して頂いた際には必ず錫の酒器をお持ちします。
錫の酒器を使う1番のメリットは熱伝導率がいいこと。風味を損なわずお酒が味わえます。冷酒にそそぐと酒器全体が冷え、より一層お楽しみ頂けます。

商品紹介

蒼の鮨オリジナルブランド
"開運 純米大吟醸酒" 720ml
おすすめの1本

一口飲むと、優しく広がる甘味、
マスクメロンの香りや、軽くグラスを揺すってみると、リンゴの香りも感じられます。余韻がまるで流れるかのように美しく、上質な白身のお魚や蟹、などともとても相性が良いです。

開運といえば吟醸王国静岡県を代表する銘柄。全国新酒鑑評会では金賞の常連蔵の1つ。
酒質の安定感は折り紙付き。
  • 販売価格
  • 8,000円
  • (税込み)
志太泉 大吟醸 八反クラシック35
昭和時代の末、当時の最先端の大吟醸造りを再現してみた味わいのため、『クラシック』と名付けています。
精米歩合35%ととても米を磨いた
洗練されたお酒ですが、
醸造から半年間は酒蔵でじっくり熟成により、濃醇でまろやかな口当たりとなっております。香りは静岡酵母の特徴である爽やかな香り。後味はキレが良く、やや辛口のお酒です。
  • 販売価格
  • 7,000円
  • (税込み)
〈開運〉波瀬正吉 大吟醸720ml
「開運の最高峰」飲んだ瞬間にため息が漏れるような、、、清らかな、品格の吟醸香をまとい、透明感あふれるお酒です。
鑑評会出品酒仕様。土井社長や杜氏の利き酒によってできのいいタンクのみが選抜され、そのお酒には、「波瀬正吉」の名前を付けることが許されます。選ばれた思考の1本です。
  • 販売価格
  • 10,000円
  • (税込み)
志太泉 
純米吟醸 焼津山田錦
静岡県エコ・ファーマの認定の焼津酒米研究会が(減農薬や有機質肥料の使用を通して地球環境との共存を目指す)減農薬と有機質肥料を使用して育てた山田錦を使用。柑橘系の爽やかな香りがあり、フレッシュ感のある味わい、透明感があり硬質の水とマッチしたキレがあります。甘みはアクセント程度、ほんのり現れる苦味と、後口の酸味が全体のバランスをまとめてくれています。刺身料理は、鰹、まぐろやまかけ、鯵など。ルッコラ入りの地場野菜のサラダなどとも相性が良いです。
  • 販売価格
  • 3,000円
  • (税込み)
〈志太泉〉shida cider シダシードル300ml
シードルの爽やかな泡の感覚を再現することを目標に、発泡性純米酒を造りました。本来は甘口の純米酒ですが、強い発泡性のため辛口にも感じます。日本種が全く苦手で飲めないという方にも抵抗なく飲める酒です。苦味・甘味・酸味の複雑さや米の旨味を楽しめる大人のシードルです。
  • 販売価格
  • 1,320円 
  • (税込み)
志太泉 大吟醸 八反クラシック35
昭和時代の末、当時の最先端の大吟醸造りを再現してみた味わいのため、『クラシック』と名付けています。
精米歩合35%ととても米を磨いた
洗練されたお酒ですが、
醸造から半年間は酒蔵でじっくり熟成により、濃醇でまろやかな口当たりとなっております。香りは静岡酵母の特徴である爽やかな香り。後味はキレが良く、やや辛口のお酒です。
  • 販売価格
  • 7,000円
  • (税込み)